HOME > 導入事例

北條モータースで行った導入事例をご紹介いたします。ウチの機械も同じような状態だったなんてことはありませんか?

導入事例

省エネ法の改正について


省エネ法が改正され、
  今年の夏期、冬期の昼間の電気の使用量を低減
                           しなくてはならなくなりました。


※法律の名称及び第1条

≪法律の名称変更≫
     エネルギーの使用の合理化に関する法律
(目的)
第1条 この法律は、内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境
     に応じた燃料資源の有効な利用確保に資するため、工場等、
     輸送、建築物及び機械器具等についてエネルギーの使用の
     合理化に関する所要の措置
     電気の需要の平準化に関する所要の措置

     その他エネルギーの使用の合理化などを総合的に進めるために
     必要な措置を講ずることとし、もって国民経済の健全な発展に
     寄与することを目的とする。

≪対象期間≫
     電気の使用量を低減しなくてはならない具体的な時間帯は、
     全国一律で7~9月(夏期)及び12~3月(冬季)の8~22時のこと
     (土日祝日含む)
となります。

≪対象者、対応方法≫
     電気需要平準化を行うための対応として、経産省の指針に、
     工場に対し、ピーク時間帯での電気の使用から燃料又は熱
     使用への転換を定めています。

≪低減目標≫
     電気の需要の平準化(改正省エネ法)の低減目標は、
     ピーク期間・時間帯において、年平均1%以上となります。また、
     低減率の算出方法が措置を実施した事業者に不利にならない
     算出方法が追加されました。
                               ※北越工業資料参照※
 


   ≪≪上記省エネ法の対策として≫≫
                 
    エンジンコンプレッサーや
         エンジン発電機を
             使用するのが非常に効果的です。


例として、
7~9月及び12~3月の7ヶ月間の平均電気使用量の1%を目標に
削減するため、現在使用されているモーターコンプレッサーを
エンジンコンプレッサーに変えて稼働していただくのが非常に効果的です。
既設のモーターコンプレッサーを停止しそれに代わる
エンジンコンプレッサーを導入して消費電力の抑制を計れます。

参考までの試算ですが
37kwモーターコンプレッサー1台の場合は
50馬力エンジンコンプレッサー1台で代用可能です。

また150kwモーターコンプレッサー3台は
200馬力エンジンコンプレッサー3台で代用可能です。
これにより450kwの電力使用量のピークカットが可能です。


当社では上記等のレンタルに
対応可能ですのでご相談していただけたら幸いです。

                                 


設置工事について
大手メーカー指定サービス工場
  • 導入事例 Introduction Example
  • お問い合わせ~納品までの流れ Flow
  • カタログダウンロード Catalog Download
水と空気のテクニシャン 当社の特徴
サービス案内
  • 機械レンタルをご希望の方へ
  • 機械購入をご検討中の方へ
  • メンテナンスをご希望の方へ
導入事例 Introduction Example
その他のサービス
  • 設置工事について
  • 大手メーカ-指定サービス工場
サービスについて
  • お問い合わせからの流れ
  • カタログダウンロード
会社案内
  • 会社概要
  • 求人情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ